ホーム > 美肌 > とにかく保湿に尽きます

とにかく保湿に尽きます

スキンケアのポイントは、冬の乾燥の季節は当然のこと、夏場の汗をかく季節でも、保湿だと思います。

 

特に、30歳を過ぎた人であれば、若い頃の倍の保湿への努力が必要になってきます。

 

よく、モイスチャーライズ、保湿というと、どうしても化粧水や乳液など、皮膚の外側から吹きかけたり塗ったりというイメージを喚起しがちですが、最も大事な保湿とは、身体の内側から摂取するものだという認識の方が正しいと思います。

 

皮膚も無数の細胞から成り立っていて、そのキメを形成する鍵となるのは、細胞の水分量だからです。

 

ですから、お風呂上りや、朝の洗顔後に、顔や手足に化粧水や乳液を塗って伸ばすのと同様に、

身体の内側から水分とミネラルを補給して上げることが、肌に常に一定の水分を保ち、みずみずしさを保つ肝となります。

 

水分だけではなく、ミネラルや養分も含んだ電解水の方がより肌には良いと思いますし、浸透圧が体液に近いものが理想です。

 

今は、熱中症などを防止するために血液の浸透圧と同等で、必要なミネラルや電解成分を含んだ経口補水液がドラッグストアなどでも売ってますよね。

 

あの類のものを、毎日お風呂上りなどに飲む習慣を付けると、肌はみずみずしくなってきますよ。
http://www.duchyoriginals.jp/archives/28